MajorCraft ファーストキャストランディングセット

1年間使用していたファーストキャストランデングセットがとうとう壊れ、殉職したのでインプレしてみたいと思います。

フレーム、ネット、シャフトの三点セットでお値段は6000円ほどとなかなかリーズナブルなセットとなっております。

スペック

シャフト長さ4m、5m、6m
フレーム径縦55cm、横47cm

私が購入したのはシャフトが4mのものでした。足場がそこまで高くない場所を想定して軽さを重視してのチョイスでしたが、これは正解だったように思います。割と4mでなんとかなります。

正確な重量は定かではないのですが、これとは別に所持しているdaiwaランディングポールⅡと比べると、ファーストキャストの方がかなり軽いように感じます。

フレーム径に関しては全て一律の縦55cm、横47cmとなっています。

使用感

シャフトに関しては軽くて、特に折れることもなく普通に優秀です。DAIWAランディングポールⅡに比べてもそん色ないと思います。

問題はフレーム。フレーム径がシーバス用途では小さく物足りないです。

使ってみた感想としては安心して掬えるのは60cmクラスまで。70cmを超えるとネットに入れる直前で顔を振られネットにルアーが絡んだりしてしまうことが多くなります。堤防とかで根魚とか小型青物を獲る分に関しては何の問題もないと思いますが・・・。

幸いネットの深さはそれなりにあるのでランディングできないって訳ではないのですが、それでもフレームのサイズによるランディング難易度の上昇はデメリットとしてついて回ると思います。

また、使っているうちにフレームとポールを繋ぐネジが緩くなってきてランディング中にクルクル回るようになってしまうこともあります。これもランディングの難易度を上げてきますね。

使用感に関しては「使えないことはないけれど、扱いは難しい」といったところです。

コストパフォーマンス

堤防釣りで用いるのであればコスパは◎。良心的です。

しかしシーバスで使用するとなると正直微妙かなと思いました。なぜならシーバスではランガンに必須なホルダーとジョイントを結局買わなければならないから。それらジョイント、タモホルダーも買うと結局合計1万円ほどになってしまうのです。

こういうランガン用装備・・・結構いいお値段するんですよね。

例えばですが、ダイワのランディングネットFLは8000円ほどですが、ジョイントが最初から付いています。シャフトも最初からステーが付いている物もありますし、ジョイント初期搭載のネットも結構あります。

つまり安い物ならランガン用の装備も併せて1万5000円くらいで揃えることも可能で、結局このファーストキャストランディングセットとの差額は5000円程となります。ランディングツール自体一度買ってしまうと長期間使用出来ることから、実はそんなに価格差はなかったりします。

耐久性

この商品がというわけではないと思いますが、やはり折り畳み式のフレームは強度が落ちるますね。一年でガタガタに歪んでしまいました。

見事に連結部から壊れており、擦れによる金属の摩耗ですでに取り付けができなくなっている状態です。この他の連結部もだいぶガタが来てきており、フレームに関しては1年程が寿命かな、と思いました。

実際70cmクラスのシーバスを持ち上げると「ギシッ」とフレームが歪む感触があります。使用後に見てみると径が縦に歪んでいたり(笑)

強度を考えるのであればフレームはワンピースタイプが一番ですね。

イカとか小型回遊魚とか根魚とかを掬ってる分には問題は無いんでしょうが、80オーバー、重量にして五キロ以上にもなるシーバスを掬うにはやはりワンピースフレームの強度が必要だと思いました。

まとめ

堤防でのライトな釣りでのタモ入門としては非常に良心的。

そういう釣りならばランガン用のギアも不要なのでこれだけで始めれますし、釣れる魚のサイズからしても耐久性も十分にあると思います。

しかし、シーバスとなるとまた別。圧倒的なサイズ、強度不足。

一応同メーカーからヘキサゴンネットなるワンピースタイプなるものも販売されているので、まずこのセットでフレームを使い潰してから、追加でワンピースフレームを買い足して取り付けるってのもアリなのかなとは思いました。サイズは無理ですが耐久力は確保できるでしょう。

最終的には他メーカーのを買うのと同じくらい金が掛かるのが難点ですが、フレームの大きさやシャフトの長さの目安が掴めるのでアリな選択肢ではあると思います・・・が、それなら最初からフレームの大きいモノを買っておきたい。

想定魚種がまだわからないならおススメ。シーバス狙いなら・・・オススメはしません。

コメント

タイトルとURLをコピーしました