SHIMANO エクスセンスジェノス92ML/F-3

おそらくこのロッドをリリースするにあたってシマノは断腸の思いだったのではなかろうかと思います。

なにせエクスセンスルアーの大半に全然マッチしない(笑)

正直シマノの販売するルアーでこのロッドに適合するのはサルベージシリーズくらいかと思います。ミノー類の使用感がマジで絶望的。(まあプロデュース主のロケで使うルアーの99%がサルベージな時点で社員さんもある程度は覚悟していたかと思いますが)

これに関してはしっかりと購入目的を明確にしてから手にするべきロッドだと思います。

スペック

全長2.79m
適合ルアーウェイト4~32g
適合ラインPE0.4~1.2号
自重126g

92レングスと幅広いルアーウェイト・・・一見汎用性高そうに見えるじゃないですか?

実際はめちゃくちゃ尖ったロッドです。バーサタイルなロッドを期待して購入するとガッカリすること間違いなし。

キャスティング

ルアー適合表はこちら↓

ルアー名相性
樹脂バイブ
鉄板バイブ
スピンテール
ジグヘッドワーム
プラグ全般(ミノー・シンペン)×

端的に言うと自重で飛ばすタイプの軽いルアーか重いルアーの2択です。つまりワーム、もしくはメタル系のルアーですね。

逆に向かないのは飛行姿勢で飛ばすタイプのルアー・・・まあミノーとかシンペンですね。

そもそも軟調ティップがラインを引っ張る為飛行姿勢が決まりにくい。また、このウェイト帯のルアーを飛ばすのに必要なベリーの強さが不足している為、仮に姿勢が安定しても飛距離がかなり落ちます。

軽いワーム類はティップがソフトなおかげでバス投げでしっかり飛ばせ、また重いメタル系はハードなバットにウェイトを乗せられるので良く飛ぶのですが、その中間帯のプラグ系が本当に飛びませんし、姿勢が安定しないのでピン撃ちもかなり苦手なロッドです。

また、ここで冒頭の言葉の意味が分かっていただけたんじゃないかと思います。

シマノ、ワームもメタル系も全然リリースしてない(笑)

「Technical Pathfinder 92」は、激戦区の河川や港湾を攻略するために、繊細さとパワーの双方を具現化する特殊な3ピース構造を採用。#1はソリッドに迫るしなやかさを備えた[ソフチューブトップ]を搭載し、軽めのルアーや波動の弱いワームなどを水の流れになじませてナチュラルに操ることができ、ショートバイトにもしっかり追従。#2は硬さのギャップがある#1と#3を綺麗に繋げる役目。体幹となる#3は30gクラスや波動の強いルアーを正確に操り、掛けてからは粘り強く曲がってシーバスの引きを吸収し最後まで安定したファイトをサポート。※PEライン1号以下の繊細な釣りに適応するコンパクトなガイド&グリップ仕様

http://fishing.shimano.co.jp/product/rod/5495

こちら公式説明文なのですが、ここでもシマノから全くリリースされていないワームを挙げるこの胆力。

・・・この説明文もきっと社員は血の涙を流しながら書いたんでしょうなあ。

ちなみにワームのキャスティングはマジで最高です。ワームとメタル系くらいしか使わないのであればキャストは十二分に満足できると思います。

ファイト

公式ではファストテーパーとされていますが、実際魚が掛かるとベリーがかなり軟調故にあっという間にバット部まで曲がるのでスローテーパーと言ってもいいんじゃないかと思います。

ティップ部はとにかくソフトで大抵のバイトは乗りますし、食い込みは極上です。

ただ、ベリーがかなり軟調な為、ヒット直後はほとんどの場合フックは貫通していません。モアザンのデーモンティップのようなソフトティップにハードベリーでオートでフッキングさせるようなタイプでは無い為しっかりとフッキング動作を入れましょう。

バットに関しては曲がらないカチカチ系のバットです。基本的にほとんど曲がらず先にドラグが出る為、バットで粘ってシーバスの突進を止めるのではなくあくまでドラグを緩めて走らせるファイト推奨。走られたら困るような障害物の多いエリアには適しません。

基本的にフッキングさえ決まればフックアウトでのバレはほぼないようなロッドです。ベリーが軟調な為、小さなフックでも安心してファイトでき、またセイゴクラスにも適正な負荷をかけてくれるのでオープンエリアであればサイズを選ばずキャッチ率は高いです。

感度・操作性

感度に関しては超絶の一言。同社のハイエンド、エクスセンス∞96Mと比べても圧倒的。

イメージですが、∞がスピンテールのブレードが「回っていることがわかる」程度だとすれば92ML/F-3は「ブレードが回っているのが1回転ごとにわかる」レベルです。ロッドというものは柔らかいとその分感度は低下するものなのですが、この柔らかさでこれだけの感度を維持しているのは驚異的だと思います。

またティップが非常に柔らかいのでテンションフォールでの着底、またアタリが非常に取りやすい。このロッドのおかげでリフト&フォールでのヒット数が格段に伸びました。

操作性に関して前述の通りリフト&フォールはベストマッチ。ただベリーがかなり入ってしまうのでジャーク系は苦手だと思います。トゥイッチに関しては抵抗の少ないルアーであればその自重の軽さとグリップが短めなことからかなりやりやすい。反面抵抗の大きいルアーはベリーが入ってしまうのでやり辛い感じです。

ワームや軽量シンペンのトゥイッチとかは◎。ジグヘッドでのダートもやりやすいです。

評価

使用ルアーの制限から実質港湾デイゲーム専用と言っても過言ではないかと思います。

既存のシーバスロッドがプラグに焦点を当ててそこから「ワーム、メタル系も使える」ようにしているのに対し、このロッドはプラグの使用を完全に切り捨ててその他のルアーの使用に特化した超絶尖ったロッドです。

なので92MLという一見汎用性が高そうな名称に期待して購入すると期待外れになるでしょう。

しかし、どういうロッドかわかっていて購入すればこのロッドはしっかりとその要求にこたえてくれるロッドです。

なんせバイブもワームも良く飛び、ワインドもリフト&フォールも超絶やりやすい。しっかりとフッキングさせれば柔らかなベリーがショックを吸収してくれる為小さなフックでも伸び辛くバラシ辛い。まさに港湾デイゲームでの必要事項は全て満たしているといえるでしょう。

特殊なスタイルの為の特殊なロッドです。監修者とスタイルが似ている人にはオススメ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました