富山シーバス入門② 実釣編

前回、揃えるべきルアーを紹介させていただきましたが今回はそれらの現場での使い方を解説していきたいと思います。

前回同様、迷いをなくすために選択肢をあえて絞って解説していきます・・・が、正直内容的にはシーバスフィッシングの8割くらいはここに書いてあることだけで網羅できます。

まずはここに書いてあることをしっかり押さえるところから始めてみましょう。

基本はただ巻き

ハウツーサイトではどこでも口酸っぱく言われていますが、シーバスの基本はただ巻きです。

これは「ただ巻きでも釣れる」という意味ではなく、単純にただ巻きが一番釣れるからこそどのサイトでも言われている金言なのです。ポイントに着く、扇状に投げていきただ巻きで探る・・・これが基本中の基本であり、最も釣れるメソッドです。

リトリーブスピードに関しては使用リールやルアー、流れの有無によって少し調節していかなければならないのですが、最初から初心者にそれを要求するのは難しいので1秒にハンドル1回転を基準にしてください。これを目安にナイトゲームでは気持ち遅めで、デイゲームは気持ち早めに調整すると良いでしょう。

ただ巻くだけと言っても上図のような流れのある河川で投げた場合、アップに投げたルアーとダウンに投げたルアーを同じ速度で巻いたとしてもアップではルアーは流されながら巻くことになるのでアクションが小さく、ダウンでは水流を直に受ける為アクションが強くなります。

どちらの方が釣れるというのはその日その日の状況次第で変わるのでここでは何も言えないのですが、ここで「どのくらいのアクション(引き抵抗)で釣れた」のかを覚えておくことが大事です。その巻き抵抗が次回以降の巻き速度の目安となります。

そもそもシーバスがただ巻きのアクションが好きというのもありますが、この「釣れる巻き抵抗を覚える」というのがシーバスに近づくために非常に有効な手段であることがシーバスの基本はただ巻きと言われる所以なのです。

レンジを考えよう

前回の最後でさらっと書きましたがルアーローテーションの基本は表層から順に下まで探ることです。シーバスのルアーローテーションでまず意識すべきはレンジです。とにかくシーバスの目の前、居る層に通してあげることを重視しましょう。どんなに良質なルアーでも魚の近くを通らなければ食ってはくれないのです。

都市部の水深5m以上もあるような場所ではこれより更に下のレンジを探れる鉄板系が必要になりますが、富山は基本5m以内程度の河川河口がメインとなるので上記のようなルアーで表層から下層まで問題ないかと思います。

実際にはいろいろな状況があるのですが、最初はシンプルにシーバスの活性が高ければレンジが上、低ければレンジが下と理解しましょう。上から順に活性が高いものから釣っていくと考えてください。

波動を考えよう

次に重視すべきはアクションです。しかしここでいうアクションとは単純な良し悪しではなく、アクションによって出る波動の強さです。

ルアーを巻いていると手元にぶるぶるとルアーの振動が感じられるのですが、この振動が大きいものは波動が大きく、振動が小さいものは波動も小さいです。

波動についてはロールやらウォブリングやら色々要素があるのですがここでは単純に「波動が大きいルアーは遠くのシーバスにも気づかれやすい」と理解しましょう。まずは広範囲を波動が強いルアーでシーバスが居るのか、居ないのかを探っていき、それで反応が得られるようであればその付近を様々なルアーで攻めていくというのが基本的な流れになります。

前回紹介した中で言うとシャローランナー、ミノー、バイブレーションは波動が強いルアー、シンキングペンシル、ワームが波動が弱いルアーに該当します。

ちなみにルアーサイズが大きくなる程波動は大きくなり魚に気づいてもらいやすくなりますし、飛距離も出る為さらに広範囲を効率的に探れます。(上級者が大きいルアーを好む理由はこれです)

仮に12cm以上のルアーを使うのであれば秋以降がおすすめです。このくらいの時期になるとほとんどの魚が反応してくれるようになります。揃え方は今までと同様、表層、中層(下層はバイブレーションでOKです)に対応できるように購入しましょう。

ルアーローテーション

レンジ、波動を踏まえての実際現場で行うルアーローテーションを解説したいと思います。

基本的な流れは以下のようになります。

  1. 表層から順に、波動が強いものから使用
  2. 反応があるがヒットには至らないのであれば波動が弱いものにチェンジ
  3. 下層まで探ったら一巡終了。ここで移動か回遊待ちか選択

自分は大半の場合移動を選択しますが、以下の条件の場合は回遊待ちする場合もあります。

  • 近日中に同時間帯に釣れていた
  • マズメ等の好条件のタイミングがこの後に発生する
  • ベイトが多数いる
  • ボイルが発生している

また、移動と言っても同エリア内のポジション変更程度から、釣り場そのものを変えることもあります。ベイトが多数いる場合は立ち位置変更のみの場合が多いですし、魚の気配が感じられなければ車でガッツリ移動します。


ローテーション一巡後にそのまま残るか、移動するかの判断はおそらく大半のアングラーの永遠の課題なので入門レベルからは逸脱した内容となります。結構人によって意見分かれるところでもありますし・・・

個人的にはポイントを多く知っておくことが今後有利に働くと思うので移動推奨ですが・・・まあ待ち続けることで見えてくるものもあるのでなんとも言えないです(笑)

というわけで次回はポイントの探し方、狙うべきポイントについて書きたいと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました