富山シーバス入門 ① 準備編

シーバス歴3年未満の駆け出しですが、そろそろ少しくらいはシーバスについて語れるようになって来た気がするので入門記事を書いてみたいと思います。

しかし一般論はすでにネットの海に溢れかえっているので、今回は敢えて「富山湾でのシーバス入門」にフォーカスしました。

注意*シリーズものとして何回かに分けて書いていこうと思います。今回このシリーズでは入門者が迷わないように敢えて情報を絞っていくので、すでに脱初心者に達している人には非常に物足りない内容になりますがご理解ください。

シーバスとは

日本沿岸部に生息する肉食魚で、主に汽水域を好みます。浸透圧調節機能に優れ、海水魚ながらも純淡水域での生活も可能です。また、エサも魚類から甲殻類、果ては虫類まで幅広く捕食するため餌を求めて幅広いフィールドにその姿を現します。水質の変化にも非常に強い為、都市部のドブ川等にも多く生息しています。

産卵期は1~3月頃で、産卵のために沖の深場に一度落ちそのまま越冬します。春頃になるとまた沿岸部に戻り河川や港湾部などへと活動範囲を広げます。最盛期は産卵後の体力回復を図る春、産卵前の荒食いを行う秋の2シーズン。特に秋は大型のベイトの回遊も増える為非常に釣りやすくなります。基本的に夜行性で、日中は底でじっとしていることが多く、夜間はエサを求めて徘徊します。

タックル

ロッド9フィート6インチ MLクラス
リール3000番クラス
メインラインPE1号 150m以上
リーダーフロロ4~5号

基本的に富山は大河川が主戦場となる為飛距離が必要不可欠な要素になります。また、都市部のような小場所撃ちの釣りは一般的では無い為、ロッドが長くて困ることは少ないです。その為、9f以上のロッドが最初の一本としてはお勧めです。パワーは年間を通して9~12cmクラスのプラグがメインとなる為MLクラスが無難でしょう。

また、最初の一本は扱いなどがわからず折れてしまったりすることも多いので免責が安価な大手メーカー(ダイワ、シマノ)が望ましいです。ラテオ、ディアルーナクラスであれば実釣上の不都合はほぼ起きないと思いますので最初からこのクラスから始めるといいでしょう。

リールは3000番程度。PE1号が150m程度巻ければ大丈夫です。

装備品

①ライフジャケット

最終的にどうせ買うことになるので最初から買っときましょう。

後述しますが富山でシーバスをやっていると最終的には99%の確率でウェーダーを買うことになるので結果的にライフジャケットは買う事になります。また、安全は言わずもがな、手元にルアーを収納できる、タモを装備できる、その他小物を身に着けられると機能性でもヒップバッグをはるかに上回ります。

②ウェーダー

富山は田舎なので河川敷でも護岸されたエリアは非常に限られます。そういうポイントでは藪や木が背面にありキャストが困難な状況が多々あり、そういうシーンでウェーディングで背面を確保したりすることができます。

広すぎる河口エリアでも流芯や潮目が遠い場面では距離を詰めるのに役立つので、これがあるだけで攻略できるポイントの幅が一気に広くなります。

③ランディングネット

一部河川の河口部等で必要になります。具体的に言うと小矢部川とか庄川とか。それ以外の場所では基本ズリ上げランディングが可能なポイントが多い為最悪無くても大丈夫です。

シャフトの長さは4mあれば問題ないでしょう。ランディングネットはライジャケに装着するステーやら折りたたむジョイントやら買うものが多くて面倒ですが、ハピソン ライティングネットは付属品全部付いてて15000円程度と比較的安いのでお勧めです。

ルアー

とにかく種類が多いシーバスルアー。ジャンルもフローティングミノー、シンキングミノー、シンキングペンシル、ペンシル、ポッパー、バイブレーション、スピンテール等多岐に渡り、入門時には何から買えばいいのかが非常にわかり辛いと思います。

しかし入門時はルアーは最低3つ、最大5つで大丈夫です。多くルアーを持っても使い切れないので最初はシンプルな構成がおすすめです。

①シャローランナー

シマノ/SHIMANO エクスセンス アガケ95F X AR-C XM-195Q 07T/レンズグリーンシャイナー
created by Rinker

水面下30cm以内を泳ぐフローティングミノーです。この水面直下というレンジはシーバスからすると水面という閉ざされた面に追い込まれた小魚に見えるため非常に捕食しやすく見えます。また、強い波動を出すタイプの製品が多く広範囲から魚を寄せることができ、表層を意識した高活性個体を効率よく狙えます。

(どれか一つで大丈夫です)

  • アガケ95F
  • クロスウェイク90F
  • TKLM9/11
  • フランキー90

②フローティングミノー

【5月15日限定エントリーで10倍最大45倍】ダイワ ショアラインシャイナーZ バーティス 97F
created by Rinker

シャローランナーもフローティングミノーなのですがこちらはリップと呼ばれる突起が付いたもので水面下50~100cm程度を泳ぎます。いわゆるオーソドックスなミノーと呼ばれるジャンルです。飛距離がシャローランナーよりも優れる為広範囲のサーチが可能。また、レンジもより深く入る為中層付近のスイッチが入り切っていない個体に有効です。

(どれか一つで大丈夫です)

  • サイレントアサシン99F
  • ショアシャインライナーZバーティス97F
  • ドーバー99F

③バイブレーション(ABS樹脂タイプ)

シマノ エクスセンス サルベージ70S 16g XV-270M 2017年追加カラー
created by Rinker

シンキングなので沈めて使うことができます。目安としては着水後すぐに巻くとおよそ1m付近、そこから沈めると3m程度まで安定して引いてくることができます。

基本的にはフローティングミノーでは攻め切れない下のレンジを担当し、ボトムのベイトに着いた個体やカケアガリなどに潜む個体に有効です。基本的に低活性個体に有効なルアーと考えてもらって大丈夫です。

バイブレーションに関しては製品ごとの釣れ高にそれほど差がありません。また、ボトムを狙う関係上非常にロストが多くなるので安価なモノを選ぶ方がいいでしょう。

(どれか一つで大丈夫です)

  • フィッシャーズソルトバイブ70
  • サルベージ70S
  • モアザンソルトバイブ72S

④シンキングペンシル

LUCKY CRAFT【ラッキークラフト】ワンダー80 – 定番カラー
created by Rinker

ナイトゲーム用です。シンキングですが巻くと浮いてくるため表層を狙うのに用います。

ミノーのブリブリとした動きとは違い、ゆったりとしたアクションをするためミノーには食いきらなかった個体を狙い打てます。ミノーに反応はあったが食わせきれない、ベイトは居るがミノーでは食わない等のシーバスが居る可能性が高い状況でミノーのフォローとして用いるといいでしょう。

(どれか一つで大丈夫です)

  • ワンダー80
  • スタッガリングスイマー100S
  • レビンライト95S
  • パンチライン80

⑤ソフトルアー

コアマン VJ-16バイブレーションジグヘッド
created by Rinker

デイゲーム用。夜間はわざわざ沈んでいる個体をワームで狙うより移動して高活性個体を探す方が効率が良いことが多いのですが、日中は浮いているシーバスが少なくなるため低層でのバリエーションを増やす必要があります。

使い方はバイブレーションと同じで着水後~カウントダウンでのただ巻きで低層を狙います。バイブレーションには反応しなかったさらに低活性な個体に有効です。

(どれか一つで大丈夫です)

  • VJ-16
  • シーバスロデム14g
  • ジョルティ15g

サーチ用にシャローランナー、ミノー、バイブレーションの3種、夜間はフォローにシンペン、日中はフォローにワームの合計5種類が基本構成になります。これらで対応できないシチュエーションに遭遇した場合にはその目的に応じたルアーを増やしていくといいでしょう。

シーバスが居るかいないかわからない内にルアーを増やしてもポイントの見切りが悪くなるだけですので不必要に多く持つ必要はありません。シーバスの基本は表層、中層、低層をしっかりと探っていくことなので、しっかりとレンジを意識して上から順に探っていきましょう。

次回はルアーローテーション、使い方について書きたいと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました