キジハタデイゲーム入門【解説編】

さて、実釣を受けての解説です。ちなみに本記事は「シーバスからの異種参戦」を想定していますのでノットシステムなどの基礎知識、状況判断力等のシーバスアングラーとしての基礎スキルはすでに持っているものとして話を勧めさせていただきます。

また、タックルもシーバスタックルを流用する前提で書いておりますので、それらがない、もしくはメバリングタックル等のライトなゲームを所望の方は回れ右していただいて大丈夫です。

キジハタとは

EDVmSulU4AMVySl

キジハタというのは主に西日本の日本海に分布する根魚で、晩春~夏頃に沿岸部に接岸します。アベレージは20~30cm程、大きなものでは40cm、50cmにもなり、また富山湾は深海が近い為大型のキジハタが接岸しやすいことで有名です。

生態は甲殻類、魚類どちらも捕食するフィッシュイーターで主に砂地に根が点在するポイントに生息します。日中はテトラの穴や根のそばでじっとしており、夜になると根の付近で浮き上がってサスペンド状態になり中層の小魚などを意識し始めます。

大型程魚食性が強いといわれていますが、これに関しては単に小型は遊泳力で劣る為に、魚についている個体に大型が多くなることからそういわれているだけではないかと思います。甲殻類系メソッドで極端に大型の実績が劣るようなことはありません。

かなり遊泳力があり中層での捕食も多い為、あまり根魚と意識しないほうが良いです。

タックル

EDXsFMHUUAE9inN (1)

基本的にシーバスタックルを流用でき、8〜9f、L〜MLクラスのロッドにリールは3000番クラス、ラインもPE1号、リーダー16lb程度で十分です。シンカーの重量は5~15gくらいで、水深とロッドに合わせて選びましょう。ちなみに自分は10gばかり使っていました。ワームはホッグ系、グラブ系、シャッドテール系の3種があれば完璧です。

グラブ系
汎用性に優れ、スイミングでもボトムパンプでも使えるのでその日の状況を探るのには最適です。反面、サイズの釣り分けがしずらい、飛距離がシャッドテール程でない、テールがフグに食われてなくなるのが早くコスパが悪いという欠点があるので状況を見た後は早めに他のワームに切り替えるのが良いと思いました。

ホッグ系
エビ、カニを模したワーム。クロー系というのもあるが、基本的には甲殻類を模していることに変わりはないためそこまでの差はないと思います。主にボトムのリフト&フォール、ずる引きで使用します。

シャッド系
小魚を模したワーム。中層スイミングで使用する。同じく小魚系ではシーバスアングラーならおなじみのピンテール系もありこれも良く釣れるらしく、特にサヨリがベイトの際は力を発揮するとのこと。この辺りはわざわざロックフィッシュ用の製品を購入しなくてもシーバス用をそのまま流用すれば良いと思います。

メソッド【日中編】

ストラクチャーを撃つ釣りになり、投げて沈み根を、もしくは手前のテトラのきわや穴をテキサスリグで探ります。使用するルアーはホッグ系、クロー系の甲殻類系もしくはグラブ系。小魚系も試しましたがボトムレンジに関しては明らかに甲殻類系の方が反応が良かったです。

また、グラブ系と甲殻類系を同じ状況で使ってみたところグラブ系の方がアタリは多いものの釣れるのは小型がメイン、対して甲殻類系はアタリは減るものの釣れたならほぼ確定で25upと食ってくるサイズが明確に違うように感じました。もちろんグラブ系で大型が釣れないということはないでしょうが、大小混合している状況であればサイズアップ狙いで甲殻類系にチェンジしてみるのはアリ。

アクションはリフト&フォール。自分のやり方はロッドを寝かせた状態から大きくゆっくりとあおり、ラインを巻き取りながらロッドを再度寝かせて着底までテンションフォール、その後2~3秒ボトムステイと言った感じでした。この際ボトムステイが非常に重要で、ワームが波で揺られ勝手にアクションするので全くルアーを動かさなくてもここでめちゃくちゃアタリます。ここでアタリが続くようならさらに長くステイを取ってヒットを待ちましょう。

ここでステイをするかしないかでヒット数が明確に違うなと感じました。ただ、毎回ステイしていてもテンポが悪いので、特にリフトの際に根の感触を感じたところで重点的にステイしたほうが良いと思いました。フラットなエリアでは一呼吸置く程度でもよいでしょう。

メソッド【マズメ編】

マズメ時はキジハタは根から離れて浮いてベイトを探しているのでグラスミノー等のシャッドやピンテール系の小魚系ワーム、もしくはグラブ系でのスイミングが有効。

アクションは遠投して着底させてからのミディアムファストリトリーブ。表層に上がりすぎても釣れないので中層に来たくらいでフリーフォールで再度ボトムを取り直して、また巻くの繰り返しです。自分は水深5m程度のポイントで10巻きくらいでフォールさせていました。大抵はフォール後の巻き上げでバイトが来ます。

このメソッドのすごいところは前述のボトム攻めでいくら探っても釣れなかったポイントからいとも簡単にキジハタを引き出せること。先行者がさんざん叩いたポイントでも、その先行者がボトムしか探っていないのであればその存在に関係なく魚を引き出すことができます。

マズメ時と言ってもマズメ前後のまだ明るい時間帯でも有効で、また特にベイトなどが見えなくても通用するため特に難しく考えずに帰り際にでも試してみるといいでしょう。日中でもベイトが多くいるなら試す価値はあります。

ポイント選定

ナイトであれば浅瀬でもイケるようですがデイで狙うのであればある程度水深があり根があるポイントが望ましいです。磯のイメージがあるので外洋ばかり攻めがちですが、案外湾内にも個体は多いので色々回ってみるのがいいでしょう。

外洋が荒れた場合には湾内の方が有望になったりもしますし、内湾と言えど案外大型が出たりします(過去友人2名が40upを釣ったポイントはどちらも湾内でした)。また、日中は穴釣りも外せないのでテトラのあるポイントの方が安定して釣果を上げられるかと思います。

基本的にはランガンがメインとなるので2~3か所・・・マズメ用のシャロー、日が昇った時用の外洋、湾内と様相の違うポイントを押さえて様々なシチュエーションに対応できるようにしておくのが良いでしょう。

まとめ

非常に簡単に釣れる魚なのでそんなに身構える必要はないです。シーバスアングラーであればタックル、ジグヘッド、シャッドテールの流用が効くため適当にホッグ系ワームとシンカー、フックを買い足せばすぐにでも始められますし、おそらくすぐに釣れます。

シーバスと少し異なる点は、日中であれど普通に口を使う魚なので特にリアクションのメソッドは必要ないということ。これは自分も戸惑い、最初はド日中にゆっくりとリフト&フォールしていても釣れる気が全くしませんでしたが、1匹釣れるとたちどころに不安は解消されました。

ボトムでステイさせていても食ってくるほどなので見切られるといったことはあんまりないのかなと思います。なのでメタルジグやワインド等のリアクションメソッドはなくても大丈夫です。釣れないならいないと判断してすぐ移動しましょう。

キジハタは初期投資が安く、簡単に釣れてとても美味しい魚です。シーバスの息抜きにぜひやってみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました