レバーブレーキ考察

レバーブレーキって不思議だと思うんです。なにが不思議かというと使用者がすごく少ないこと。

だって「うまく使えればメリットだらけ!」みたいに言われているにも関わらずプロアングラーでも使用者はごく少数。そんなにメリットだらけならば今頃LB全盛になっていてもおかしくないのにいまだそういう時代は来ず。

・・・実はそんなにメリットないんじゃね?

スイッチヒッターLBDを使用し様々なシチュエーションで様々なサイズのシーバスを掛けて、レバーブレーキについて色々思うことがありました。

今回はシーバスフィッシングにおけるレバーブレーキの必要性についての考えをまとめてみたいと思います。

レバーブレーキのメリット

一般的に語られている主なメリットは二つ。

  • エラ洗いが防げる
  • 走りを止められる

この他に某氏が提唱する

  • レバージャーク
  • レバードリフト

等もメリットとして挙げられます。また、個人的には

  • 手前でヒットした際にすぐに距離を取れる
  • ランディングがしやすい

のもメリットかなあと思います。

エラ洗いを防ぐ

レバーブレーキ使用のメディアプロが口を揃えていう最大のメリット、エラ洗い防止。

ぶっちゃけるとエラ洗いを防ぐのにはLBリールじゃ無くても大丈夫です。

レバーブレーキでエラ洗いを防ぐ原理は非常に簡単で、シーバスは引っ張られるからエラ洗いするのだからエラ洗いの予備動作、つまり浮上を察知してラインを放出すればエラ洗いせずにまた沈むというもの。

これ理屈自体はあっているのですが、別にLBリールじゃなくても大丈夫なんですよね。ロッドワークで全然何とかなります。

なにかというとエラ洗いの予備動作、つまり浮上をしているのであればリールを巻かなければ自然とラインテンションは緩まる訳ですし、ロッドを送り込めば更にテンションを緩められる訳です。

これでエラ洗いは止まります。レバーでラインを出す必要は全くありません。

エラ洗いを防ぎたいだけならLBリールを買う前にまずはロッドワークで試してみましょう。

走りを止める

シーバスは引っ張られるから反抗して走る。だからラインを緩めれば走りは止まる。

確かに、例えばラインブレイクした後の魚はきっと走りを止めているでしょうし、テンションが掛からなければ走らないということは理論上は正しいように思います。

そう、理論上は。

これ実際なかなか上手くいかないもので、沖に向かって走っていく魚に対してLBでちょいちょいっとだけラインを出した程度では全然ラインテンションが緩まらないんですよね。色々使用動画も見ましたがテンションフリーになるまでラインを開放しているシーンは見たことがありません。

つまりテンションフリーにして走りをやめさせるというのは机上の空論に近いのではないかと思うわけです。

EXSENCE LB C2000MDH泉裕文流!LBシーバス実釣解説 ~激戦区、デイゲームで88cmをキャッチ!~
ランカー登場! スイッチヒッターLBD 実釣テスト【小沼正弥】

動画例。見た感じ走りを止めているシーンはないかと思います。

あ、ちなみによくよく聞けばLBリールを推奨しているプロでこの「走りを辞めさせる」メリットとして推してる人物は(おそらく)実はイ〇ミさん一人だけなのではないかと思います。動画等を拝見する限りオ〇マさんやヒ〇林さんは「ドラグはきつめに設定し、走りを止めるときはレバーを強く握ろう」と言っていることが多く、基本的に止めるときはラインは出さないようです。

レバーブレーキの使用法【磯釣り編】

レバーブレーキの元祖と言えば磯釣り。という訳で元祖である磯釣りでのレバーブレーキのメリットから何か学べるんじゃないかと考え調べてみました。

【上物釣りはレバーブレーキで
http://www.otomiya.com/fishing/iso/08-LB.html

このサイトによると「ラインテンションをゼロにすると走るのをやめる」という理屈でグレの走りを止めているわけではないことがわかります。なるべくドラグを出さない状態でファイトし、ロッドがのされた場合にそれを解消するために必要な分だけラインを出すことで竿のタメを生かし走りをとめるのだとか。

ロッドがのされた状態というのは既ににロッドがショックを吸収するアブソーバーとしての為の役割を果たしておらず、あとはラインの強度のみで踏ん張っている状態です。

そこでラインを出すことで竿を適切な曲がりの状態に戻し、アブソーバーとしての役割を取り戻してあげるわけですね。それにより、ラインの強度の限界ぎりぎりまでパワーファイトすることができ、なるべくドラグを出さないことで無駄にラインを出すことが防げると。

これシーバスではいまいちイメージしづらいかと思いますが、磯竿のような長くて曲がるロッドだとロッドの曲がりをしっかりと感じられるためこのようなファイトが可能なのではないかと思います。しっかり曲げて、曲げて、そこからライン開放で曲がりを復元・・・みたいな。

ん・・・・?

磯竿・・・レバーブレーキ・・・?

・・・理には適ってますね。

まとめ

先日90cmを掛け、走られた際にラインを開放してみた結果としては、すぐには止まらず、少し走ってから止まりました。このすぐ止まるわけではなかったということの判断が難しく

  • ラインを出したことによって止まった
  • ロッドのタメが戻ったことによって止まった
  • 別にレバーに関係なく自然に止まった

のどれが要因なのかの判断はつきませんでした。ただ、要因はどうあれ、グレ界隈の使い方から察するに「魚の走りを止める」という点では有効なのではないかと思います。

グレでの使い方を見ればオ〇マさんやヒ〇林さんの「走られたくないときはドラグを締めてレバーを握って止める」というのは実は間違っていないことに気づきます。レバーを握って止め、それでノされたら少しラインを出してまたドラグロック状態でのファイトを継続できる・・・と。

つまりレバーブレーキとは、軟調ロッドでパワーファイトをするために使うのです。

エラ洗いに関してはロッドワークでなんとでもなるため別にLBでなくても良いのでこれはメインのメリットにはなりえないでしょう。LBリール導入の一番のメリットは上記かと思います。

ただもちろんこれはロッドとの相性もあり、しっかりと曲がる竿でないと適性はないでしょう。たとえばちょっとラインを出しただけで急激に復元してしまうような竿や、そもそも浅くしか曲がらない竿ではこのメリットを生かすことはできず、逆にバラシが増えるだけかと思います。

ドラグを締めしっかり竿を曲げる。曲がりきったらラインを出して少し復元しファイト。

こういう風に使うアイテムかと思います。そう考えるとレバーブレーキを使用しないプロアングラーが多い理由もうっすら見えてきます。彼らのロッドは硬く、パツパツのロッドが多い傾向がある為レバーとの相性があまり良くはないのでしょう。

LBリールは一長一短。

相性がかなり重要なでタックル全体のバランスを調整する必要があるので、導入の際は注意しましょう。

とりあえず試してみたいだけならスイッチヒッターLBがおすすめ。安いし。

コメント

タイトルとURLをコピーしました