またもリフト&フォールパターン

この日は午後からの釣行。タイミングは真昼間地合い12時。

昼の北風が強まるタイミングでコノシロが入ってきて時合いになる・・・気がする。

いや、いつもそういって北風タイミングで入るけど結果は釣れたり釣れなかったりで本当に風が時合の要素となっているのか今のところはまだ不明なんですが、まあとりあえず状況の変化点がそこしか無い為そこに賭けるようにポイントにエントリー。

着いてみるとまだ風は転じてはおらずほぼ無風状態。付近ではトップを投げているアングラーが数人いたものの誰もヒットしている様子がなかったので最初から表層は切り捨て、サルベージソリッド70ESを選択。

中層リトリーブ、ボトムを取ってからのリトリーブ、リフト&フォールと試すも反応は無し。次にVJ-16にチェンジし同様に中層からリトリーブ、着底からのリトリーブとしていくとここでヒット。

コアマン VJ-16バイブレーションジグヘッド
created by Rinker

同様のコースを通すとさらにヒット。

しかしこの連発後、反応がなくなる。次にリフト&フォールを試すとまたも2連発。

最後にサゴシが釣れて終了。

サイズは全部60無いくらいでしたが今回はしっかり時合を掴めたので良かったです。ちなみにこのサゴシを釣ったあたりで爆風すぎて納竿という形になり、まさに変化点の瞬間的な地合いだったのかなあと思います。

とりあえずまた似た状況で釣って再現性を確かめたいね!次に期待!

使用タックル

コメント

タイトルとURLをコピーしました