今年初の落ち鮎シーバス

今年は9月に足を骨折したり、その影響でしばらくウェーディングができなかったりと散々な年だったのですがようやく足も問題なく動かせるようになり今年初の清流落ち鮎シーバスを狙いに河川上流部に行ってみました。

・・・あ、ちなみにこの上流というのはシーバスの遡上限界点を上限として河口までを三分割しての便宜上の分類であってポイント的には普通に下流です。

しかたねえじゃん!!俺のホーム河川は遡上限界まで短いんだよ!!!

河川が長いとこが羨ましいすなあ。


ポイントには夕マズメ前の明るいタイミングからエントリー。ここから日没までやるつもり。

ポイント的には瀬と落ち込みの両方をウェーディングから狙えるポイント。活性の高い個体であればまずは瀬周りにいると思われるので瀬から落とすようにフランキー120、サイレントアサシン120F等を流すも反応は得られず。

そのまま歩いて下流に下り落ち込みを同様にミノーで探る。

投げ続けること1時間。そろそろ夕マズメかな、というタイミングで背後の浅瀬で鮎がピチャピチャと跳ねだし始める。

・・・一気にいい雰囲気になってきたな

そう思いながら瀬と落ち込みの境目でアップクロスにフランキー120をキャスト。ゆっくりとスラッグを巻取り、落ち込みでターンさせた瞬間。いきなりヒット。

サイズはまあまあだけど清流域の個体だからか引きが強烈。

この後は続かず日没を迎え終了。帰り道落ち鮎を一匹発見しました。

・・・なんかサイズ小さい。15cmくらい?

ヒットルアーも120mmサイズだったし今年は鮎が小さいのかもしれませぬ。

使用タックル

コメント

タイトルとURLをコピーしました