富山シーバス3月総括

2月後半と早期にホタルイカの接岸が確認された、2020年の富山湾。打ち上げられる数もここ数年の中では類を見ないほど多く豊漁を予感させる状況となっております。

富山湾のホタルイカパターンと言えばメバル、クロダイがメインとされているアングラーも多いかと思われますが、そんな中でシーバスのみに標準を合わせてこの三月を過ごしてみたので、本記事をもって自分の狙いや状況の変遷を総括していきたいと思います。

初旬(3/1~3/10)

初旬では、2月末週に接岸したホタルイカについた群れが沿岸部に点在している状況でした。ホタルイカが接岸さえしていればどこでもシーバスを狙えるチャンスはあるかと思いますが、私は外道となるチヌやメバルの存在を排する為河口付近を周辺に探査を行いました。

タイミングは朝マズメと夕マズメ以降のナイトゲームを主体とし、いわゆる「接岸前」と「接岸後」を狙いました。基本的にホタルイカパターンは「湧きすぎても釣れない」ため、身投げが最も起こりやすい(=湧きすぎる)とされる時間帯である深夜帯を外して釣行を行いました。

ホタルイカパターン用ルアー

  • アガケ95F
  • ゴリアテhi95F
  • サイレントアサシン99F
  • スタッッガリングスイマー100S
  • サルベージ70S

また、当初は専用ルアーとしてレイジーBBホタルイカチューンも準備していたのですが河口域の流れに対して水面を割ってしまうこと、またウグイのヒットが以上に多かったことから早期の段階で不採用としました。

基本的に流れのあるシャローエリアが主戦場となる為ミノー類はフローティングのみで構成。レンジを刻む場合はスタッガリングスイマー100Sサルベージ70Sを用います。

この中でもとりわけヒットが多かったのはゴリアテhi95F(アカキン)スタッガリングスイマー100S(カントウアユ)の2種。共に使用方法はデッドスローのただ巻きで、流れに当ててしっかりとアクションさせつつもデッドスローに引ける状況を作り出すことで好反応を得ることができました。

スタッガリングスイマーに関してはほぼ万能で、ティップ角度と巻き速度でほぼオールレンジをカバーします。その為アガケ→ゴリアテ→アサシンとローテーションを行い、反応があったレンジをスタスイでカバーするというプランをとりました。

これらのローテーションで水面下1m程度までは対応します。これより下のレンジはサルベージのスローリトリーブ、もしくはリフト&フォールで対応しましたが、これによるヒットはなかった為効率の面から考えると行う必要性は薄いかと思われました。

またホタルイカパターン以外にも河川内でもシーバスの存在が確認されました。

ベイトをチアユと想定しバイブレーションを用いたところ反応が得られました。またミノー類では全く反応が得られなかったことから捕食レンジが下であると推察し、下レンジでのアクションにバリエーションを持たせるべくVJ-16UKシャッドワームを採用。

UKシャッドワームに関してはバイトは得られたもののシングルフックであるためかヒットには至らず、結果VJ-16とサルベージ70Sをメインとし数本のキャッチを得ることができました。

中旬(3/11~3/20)

初旬に通っていたホタルイカエリアでの反応が途絶える展開に。正直今からがホタルイカの盛期でここから上向いていくと考えていたのでこの状況は非常に予想外でした。

またシーバスの存在が消えたからかメバル等の外道の活性が高まる状況に。クロダイ、メバル、ウグイが主となり、シーバスに標準を絞るという目算から外れたため通う頻度を減らすこととなり、河川内にポイントを移すこととなりました。

河川・河口用ルアー

  • アガケ95F/120F
  • ゴリアテhi95F/125F
  • サイレントアサシン99F/129F
  • スタッガリングスイマー100S/125S
  • サルベージ60ES/70S
  • VJ-16

季節的には小型ベイトはメインとなるはずなので90mmクラスを主軸に、コノシロが回る展開や飛距離が必要な状況を想定し120mmクラスも揃えました。また、初旬で実績のあったVJ-16も引き続きボックス入りとなりました。

河川内ではベイトの気配はないものの少量のボイルが見られる展開。初旬に実績のあったバイブレーション、VJ-16ではレンジが合わない為か反応が激減し、一転してアガケ120F、スタッガリングスイマー120S等の表層系120mmクラスへの反応が良くなる展開となりました。

また、ベイトをハク、チアユと想定し90mmクラスのプラグ類も投げてはみたもののこちらは無反応で、ある程度大型のベイトを捕食していたと推察されます。

ちょうど大潮後の中潮でマズメ以降に満潮が重なるタイミングで120mmクラスのシンペンとアガケ120(引き波系)に反応があったことから、富山ではあまり一般的ではないバチがベイトになっていた可能性もあるのですが、釣り上げたシーバスの口内を確認してもベイトは確認されなかったため現状は答えは出ていません。

下旬(3/21~3/31)

中旬以降、ホタパでの釣果が芳しくなかったためホタルイカ調査を継続しつつも河川内の比重を高めていく方針に。河川内ではベイトは不明ながらもボイルが頻繁にみられるようになりシーバスの存在を確認することができました。

当初はベイトをハク、もしくはそれに準ずるマイクロ系だと想定。ボイル地点が比較的遠い傾向があったため最低限度の飛距離を確保するため9cmクラスのミノー、シンペン、また小型バイブとワーム、ブレード系を用意しました。

河川マイクロベイト用ルアー

  • アガケ95F
  • ゴリアテ95F
  • サイレントアサシン99F
  • スタッガリングスイマー100S
  • ワンダー80
  • サルベージ60ES
  • VJ-16
  • RJ-10
  • シャルダス20

しかしこれらのルアーで釣果を得ることはほとんどできず、最終的にはゴリアテ95Fのジャークでなんとか1本拾うことができたのみでした。

しかしこれとは別に、中旬で用いた河川・河口用ルアーでこのボイルに回答がありました。

それがアガケ120Fです。

こちらも完全な正解という訳ではないので、ボイル数に対してそれに見合ったバイトが得られているとはいいがたいのですが、結果としては5回ほど誤爆を受けたのち2本のキャッチに成功しました。

使い方はアップ、ダウン問わずのスローリトリーブ。ラインを水に浸けるか否かで明確に反応が変わるケースがありました。

非常にノリが悪いのが難点ではあるのですが、手持ちのルアーでは唯一スローな誘いで反応が得られたこともあり、波動としては一番正解に近いルアーだったのではないかと思います。

また、ジャークなどを用いなくてもよいことから、スレを進行させずに継続してアタリを得られるという利点がありました。このルアーに気づくのがもう少し早ければもっと追加できたのではないかと後悔しています。

総括

初旬はホタルイカ、中旬はホタルイカ+河川ベイト、下旬はマイクロベイトと一カ月という期間の中で目まぐるしい状況の変化を確認することができました。今回ナイトゲームでの平日釣行をメインとしたことで常に状況の変化を掴めたことが功を奏し、また来年以降に繋がる良いデータを得られたと感じています。

反省点としては本来であればさらに良くなっていくはずの中旬以降にホタルイカ絡みでの釣果が減衰したことです。ホタルイカ自体、湧くポイント、タイミングが測りにくいものなのですが、これに加えて「湧いているのに釣れない」「他の魚種は釣れるがシーバスが釣れない」といったケースが頻発したことで単純にホタルイカの動向を追うだけでなく、シーバスの活性の上がるタイミングも併せて読んでいく必要があると感じており、パターンの難解さを痛感しています。

これらの原因究明と対策が、この後のホタル杯シーズンである4~5月の釣果を分けるのではないかと考えておりますので、好調だった初旬のデータからわかることを試していきたいと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました