小技で獲ったデイランカー

午後、学校終わりに下流域のポイントを目指し車を走らせる。ふと中流付近の橋を渡る際に川を見てみると川縁に大量のサギが立っているのを発見。

おお!?もしかして鮎落ちてる?

予定してたポイントではないがとりあえず予定変更し中流域にエントリー。
流す・・・流す・・・流す・・・んー、ダメ。居ねえや。

そろそろ落ち鮎ハイシーズンだとは思うんだけどまだ落ちてないんやなあ、とか考えながら少し下流に向かう。

下流ポイントに付くも鳥無しベイトの気配なしでも既にキツい雰囲気。まあ軽く投げてすぐ移動かな…とか思いながら投げてると…

ウグイ君。ん~違う、キミじゃない・・・と、さっさと移動。

マズメのタイミングが近づいて来たのでディープとシャローが隣接するポイントを選択。

とりあえずまだ明るい内にディープをサルベージ70Sで探る…が反応はなし。

そうしている内に日も沈んできたのでシャローに移動。アガケ120Fを引き波を立てながら通すとイッパツでバイトがあるが、これは乗らず。その後、数キャスト後にまたバイトが出るがこれもミスバイト。ルアーを変えてレンジを少し入れたりするも反応はなく、あくまで引き波が今日のパターンの様子で手持ちで反応があるのはアガケ120Fだけという状況。

こうなったら無理矢理乗せてやらあ!!

と、言うことでリーダーをフロロカーボンからナイロンに変えて長さを倍にとる。

サンライン POCKET LEADER−NY 30m #4
created by Rinker

バイトが乗らない時の対策として、ナイロンの伸びを利用して無理矢理口の中にねじ込んでやるっていうのを以前から考えていたので今回それを試してみることに。特にアガケみたいなトップ、引き波系はミスバイトがつきものなのでどうにかできないかと考えていた次第です。

さて一投目。イッパツでヒット。

綺麗な83cmのランカーサイズ。やったぜ。

その後もう1本60cm程度のを掛けるもこれはエラ洗いでバレで、この日はこれにて釣行終了。

リーダー交換のアイデアできっちりキャッチできて良かったです。

こういう小技で獲る1本は気持ちいいですなあ。

使用タックル

コメント

タイトルとURLをコピーしました