秋爆でツ抜け

アプリ「なんと今日は朝の7時までは晴れなんですよ」
俺「まじか。じゃあ朝マズメ行くわ」

~~~~~~釣り場に到着~~~~~~

竿を組み組み~♪リーダー結んで~♪

ぽつ・・・ぽつ・・・。ええ・・・降ってきたやん・・・。

しかし来たからには投げてだけはおきたい。バカなので雨の中釣行決行。

風も流れもなかなか強め。とりあえず流れの強さを測るためにアガケ120Fをクロスでキャスト。

巻き感的に普段より全然流れ強い。こういう場合はベイトが流されてるんだろうな~とか考えながらアップに投げてドリフトさせる。

2~3投しても無反応。うーん、じゃあクロスで流してみるか・・・と、これまた無反応。

よし、シーバスいねえや。あとダウンで数投したら帰るか・・・とダウンは風がキツいのでスライドアサシン100Sを変えてキャストすると着水直後いきなりヒット。

しかし次のキャストでスライドアサシン根掛かりで殉職。アガケ120Fに変えて同じポイントに投げるとまたも着水後即ヒット。

続けてキャストするとまたもヒット。2連発。

続けてキャストするとまたヒット…がアワセ切れでラインブレイク。さっきのファイトでリーダーに傷入ってたみたいでした。

とりあえずダウンで表層攻めると釣れるぽいので次はゴリアテ125Fを結びキャスト。4連発。

アタリが無くなったのでレンジ入れることに。サイレントアサシン120Fにチェンジ。

また釣れなくなったので再びゴリアテ125Fに戻してキャスト。

ここでゴリアテがキャスト切れで殉職。またリーダーに傷入ってたよ…

表層のサイズが落ちてきたのでもしかしら下のレンジにデカいのいるんじゃね?ってことでサルベージ70Sにチェンジ。

スレ掛かりで50くらい。この後もう1本スレ掛かりで40くらいのヒット。

サイズが伸びないのでサイレントアサシン120Fに戻す。(本当はもっとレンジが上の方が反応が良いんだけどこの時点でミノーがもうアサシン120しか残ってない)

2連発(1匹は写真取り忘れ)。続けてアサシンで本日最大。

その後ヒットした奴に沈み根に巻かれてアサシンもロストし、ルアーが完全になくなったので釣行終了。約2時間ずっとアホみたいな大フィーバーでした。

活性的には落ちパクで釣れる超絶イージーな状況でしたが、実は釣れるエリアが結構狭かったです。コース関係なくとある五メートル四方程度の特定のエリアしかヒットしなく、そこから五メートルでも横にズレると全くのノーバイトと言う状況。

また、バイブでレンジを落としても極端にヒットが減ったので「特定の五メートル四方のエリアの表層30センチ以内」だけがヒットエリアだと考えると…実はなかなかセレクティブな状だったのかもしれません(笑)

いや、見つけちまえば猿でも釣れる天国だったんですけどね・・・こういうことがあるからしっかりと丁寧に探っていかなければならないんだなと改めて思いました。

あ、今回ポイントが特定される要素を廃して写真を撮った結果、どれもほぼ同じ構図になってしまいぶっちゃけ書いてる本人にも「どれがあの時の魚だっけ…?」状態です。

同じ魚混じってたら…ごめんなさいw

使用タックル

コメント

タイトルとURLをコピーしました