スプリットリングの重要性

早朝から河川下流域のポイントにエントリーするも風向きに反して流れが強い。

うーん、ここは流れが逆流してる時のが釣果良いんだよなあ…なんか微妙くさいぞ…と30分程投げるも全くの反応無し。ベイトの気配も皆無なので見切りをつけて移動する。

下げの傾向が普段よりも強いためベイトが流されていることを期待しさらに下流に下る。下ってみるとここは流れが緩め。ベイトが溜まってくれてるとありがたいなと思いながらサルベージ70Sで探る。

表層ファストリトリーブで60cm程のを掛けるもこれはバラし。続けてキャストするも反応が得られない。

バイブでの反応が表層気味だったのでアガケ120Fサイレントアサシン99Fで探るも反応は得られず。どうやら水面は意識していない様子。

さて、レンジが中層以下、しかしバイブには反応しないということで、こういう時に強いのがワーム。しかしアルカリシャッド静ヘッド10gに装着しを投げるも飛距離が足りずヒットゾーンに届かない。

・・・あ、そういやこない新戦力買ったんだった!アレなら届く!と車に戻りVJ-16を取って来てフルキャストすると一撃でヒット。50cmくらい。

コアマン VJ-16バイブレーションジグヘッド
created by Rinker

続けてキャストするとまたヒット。これは先ほどのに比べサイズが良いようで引き的には元気の良い70cm代か元気のない80cm代程の引き。手前までも特に苦労なく寄せ、あとはランディングのみ・・・と手前のツッコミに備え少しドラグを緩める。

タモを水面に近づけると最後の抵抗。ジーーッとドラグを出しながら走ると、フッ・・・と竿が軽くなる。

え?外れた?なんで?

ヘッドシェイクしてる感覚はなかったのに急なフックアウトで疑問で脳内が埋め尽くされる。今のは外れる要素なかったやろ・・・と。

そのまま回収・・・うん、ルアーついてるな。ライン切れたわけじゃないよな・・・何故・・・。

回収したルアーから答えが返ってきました。

・・・・んん!?

フックが無い!?!??!?

え、この細長い針金みたいの、これもしかしてスプリットリングですか??

いや別に、そんなモンスタークラスって訳でもなかったのに・・・

今回のドラグ設定、普段使いのサルベージ70Sだと90up相手でもフック1ミリも変形しないくらいの設定なんですが、帰ってきたのは見るも無残な光景でした。

いやはや、勉強になりました。まさかスプリットリングが伸びるとは。今までフックの変形には気を使ってはいましたがリングまでは考えが及んでいませんでしたね。

フックが口に残ってしまったシーバスさんには申し訳ないですが、今回は勉強になりました。
今後はリングの強度も気にしてルアーを選ぶようにします。

使用タックル

コメント

タイトルとURLをコピーしました