セイゴ祭り

寒さで手がかじかむようになってきたこの頃。

早朝なんかは特に寒い。雨なんか降ってて手が濡れようものなら完全に地獄である。スナップを開けるのすら苦痛に感じる程。気温的にはもう真冬と言ってもよくシーバスのシーズンもそろそろ終わりかなという雰囲気になりつつある。

でも行く!!
行く!!!
釣りてえんだ!!!
と言うわけで寒さに身体を震わせながら釣り場に赴くのでありました。


朝五時からの出撃。暗すぎ。寒い。サムゥイ。

とりあえず前回も釣れたエリアで再度釣行。

・・・が、釣れない。ぜんっぜん釣れない。ベイトの気配もゼロ。

タイミング的には朝マズメ真っ只中だがイマイチここで待つ価値を感じられない。

だって・・・朝マズメって所謂「活性が上がる要因」ではあるけど、それはあくまでそこに魚が居る前提であって朝マズメになったからって突然そこに魚が出現する訳じゃないですやん?

ベイトゼロで現状反応もないエリアに朝マズメになったからって突如そこに降ってわいたように魚が来るっていうのは・・・。

まあそういう事もあるかもしれませんが、現状それを期待する根拠も乏しく実質的にはただの神頼みみたいなもん。

さっさと移動を決意。


さて移動。

ポイント的には「昨年よく釣れてたのに何故か今年あんまり釣れてないポイント」である。

なんでここに来たの?って聞かれると・・・。

いや今年は結構暖冬じゃないですか?

暖冬故に遅れていたパターンがこの頃の冷え込みでようやく「昨年並み」の条件になった可能性があるので昨年パターンが通用するのではないかという淡い希望を持って来たわけです。

さて、水面を見てみると・・・

やや!ベイトが居るじゃありませんか!雰囲気的にはボラっぽい

コイツは期待が持てるととりあえずアガケ120Fをキャスト。


ドカン!ドカン!早速二連発。気持ちいい~。

反応が無くなったのでサルベージ70Sに切り替える。

ドカン!ドカン!嗚呼~。

全部サイズはセイゴフッコクラスだけどこんだけ連発してくれるとなかなか楽しい。

このあと雨が降ってきたので終了しました。


なかなか楽しい釣行でした。特にシーバス2年目の私にとっては「過去のデータを活かして釣ることが出来た」というのはただ単に釣った以上の価値がある。

ただでもサイズが気がかりですね。セイゴフッコクラスばっかって事はもしかしてもう産卵に抜けちゃった…?

イヤイヤ、去年はこのくらいの気温でもまだまだデカいのが釣れてたから行けるはず…。
引き続き調査が頑張ります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました