ワームの威力

気温も冷え込み水の透明度が高まるこの頃。こういう透明度が増した時に強いと言われるのがワーム。

なんでも透明度が高い状況でも見切られにくいとかなんとか…。

いやホンマかいなwそもそもシーバスってそんな見切るとかそんな頭良い魚なんかいなw

所詮魚類じゃけぇ…人間様に敵うと思うなよ、がははw

・・・いや、マジでした。お魚さん。舐めてスイマセンでした


ポイントに着くと…

ボイル!ボイル!ボイル!めっちゃボイル!

うおおおお!!!

でも食わない。

アガケ…ダメ…。アサシン…ダメ…。シンペン…ダメ…。バイブ…10投に1回くらいだけヒット。

全然食わねえ~~!!

何したら食うんだ…と悩んでいると後輩君が「先輩!R32めっちゃアタリます!…乗らないけど…」と言う。残念ながら俺は手持ちがなかったので代わりにVJを付ける。

タックルベリーで700円だったのだムフフ…。

着水直後からロッドを立てて少し早巻きすると…

連発w

うおおお!!ワーム最強!最強!

その後VJさんは木に引っかかってロスト。

早い寿命だった。新品1400円かあ、高いなあ…。 


さてさて、タックルベリーで700円ならともかく新品1400円は流石に高い。正直買いたくない。

ここでふと思う。

別にVJじゃなくてええよな…と。

そもそもVJを投げた理由がR32でヒットしてたからな訳で・・・R32で乗らなかったのがVJで掛かったというのは単にテールフックの存在が大きいからなのでは・・・と。つまり問題点はフッキングな訳で別にVJで有る必要はない。ケツにフックさえあればいい説がある。

ここで試作品として作ってみたのがこちら

VJモドキ(笑)

性能については・・・実はもう試し済み。

それは後日アップするとしますのでお楽しみに。

使用タックル

コメント

タイトルとURLをコピーしました